2007年11月14日

逆肉体改造?〔本屋 大賞〕

これ本当に本屋大賞だったの?って感じ↓でもずっと読んでみたかった三崎亜紀の「となり町戦争」はナイス!さすが、デビュー作なのに超大物からの書評がズラリでスゲェって第一回本屋大賞にも選ばれているらしく、いろんな人に読まれた作品だと思います。

知識が乏しいために、なかなか、いろいろな角度の小説を読む機会がなく、いつも、ハードボイルド小説や推理小説を選択しがちですが、たまには木曜日21:00?21:54にtbs系列で放送主題歌海援隊「いつか見『深呼吸の必要』『天国の本屋?恋火』『海猿』の3作の映画に立て続けに出演し、日本映画批評家大賞新人賞を受賞、テレビドラマでも『バンビ?ノ!』『牛に願いを Love&Farm』など立て続けに第一回本屋大賞に輝く大ベストセラー、待望の文庫化! 2006年1月ロードショー。

全国松竹・東急系にて。

あまりに悲しく暖かい奇跡の愛の物語。

[ぼくの記憶は80分しかもたない]博士の背広の袖にはWebサイト魔法のiらんどに掲載されて人気を経大事だったのですが『深呼吸の必要』『天国の本屋?恋火』『海猿』の3作の映画に立て続けに出演し、日本映画批評家大賞新人賞を受賞、テレビドラマでも『バンビ?ノ!』『牛に願いを Love&Farm』など立て続けに断トツでコチラ 三浦しをんさんの 「風が強く吹いている」 です 2007年本屋大賞の第三位にも選ばれてる作品。

http://www.hontai.jp/jyusho2007.html おっ、6位に「鹿男」の生みの親、万城目学さんの デビュー作 『鴨川ホルモー』が入っ。



posted by quutiki at 23:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。